FX取引の為替差益について

FXで行われる取引には、大きく分けると「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。

それぞれの概要と違い、使い分け方についてご説明します。

「キャピタルゲイン」とは、日本語で「為替差益」で儲けることをいいます。

為替差益はFX取引の基本です。いわゆる株取引の相場差益に相当するもので、大きく儲けるにはキャピタルゲインを中心に据える必要があるのです。

それはなぜかというと、金利だけで儲けようとしても為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになりがちだからなのです。

これでは、FX初心者は全然面白くありません。

もちろん資産保全のために外貨口座を開設しているのなら何も言うことではないのですが、儲けようと思ったらまずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきなのです。

そのキャピタルゲインの仕組みは簡単で、要は「安く買って高く売る」ということです。

これは株取引でも一般のビジネスでも原則は同じです。

ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるというところです。

言い換えると「高く売って安く買う」という取引ができるのです。

株や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対し、FXは「売り」から入ることができるからなのです。

たとえば1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。

このように、FXのキャピタルゲインは相場高、相場安の両面から攻めていくことができるのです。
FX初心者はまずキャピタルゲインの練習からはじめましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.