FX取引のリスク管理について

もちろんFXも金融商品の一部で、元本保証型の商品ではないので、損失を出してしまうリスクはあります。

しかし株取引のように一夜にして紙切れ、ということはないのですが、レバレッジを基本に売り買いを行うFXには、「マージンコール」と「ロスカット」という二つのリスク管理手続きがあります。

まず「マージンコール」についてご説明します。

マージンコールは、保証金の50%を超す損金が出たとき、その時点で決済するか追加保証金の拠出を求める制度のことです。

たとえば10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジを組んで取引をしている場合、1ドル105円(105万円)で買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、含み損は5万円ですので、証拠金の5割です。

この場合はFX業者は持っているドルを売って決済して損益を確定させるか、または証拠金の追加を求め、上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって含み損の比率は25%に下げさせます。これがマージンコールです。

レバレッジの比率が高いほどわずかな相場変動でマージンコールがかかる仕組みになっているので、FX初心者は注意しなければなりません。


そして、「ロスカット」とは、日本語の俗称「損切り」になります。

ロスカットの例として、証拠金の20~30%(取引業者によって異なる)になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。

マージンコールと似ている所がありますが、マージンコールは証拠金の上積みで解除できるのに対し、ロスカットは強制的に決済させられる点が大きな違いです。


マージンコールもロスカットも、損失が出た場合その損失を証拠金以内の最小限に抑えるための安全弁のようなもので、FX初心者が少額の資金で始めたFXで大損失を出しても実際の損失負担は、証拠金の範囲内で収まります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.