FX取引の「証拠金」について

FX取引は、はじめに「証拠金」をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。

FXは外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなわず、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行います。証拠金の額は最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対し「レバレッジ」をかけることによって、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。

「レバレッジ」とは、直訳すると「てこの力」という意味ですが、経済用語として「借りたお金を元本に(その借りた額以上の)投機的な取引をする」という意味で用いられます。

さらに転じて(借りたお金かどうかにかかわらず)「元本に対する投機的取引金額の倍率」を表わす言葉としてもよく用いられています。

FXでは、"レバレッジ"という単語を主にこちらの意味で用いています。

レバレッジの倍率は業者によって違いますが、最高レベルで見ると10万円の証拠金に対し最高2000万円の取引が行えることになります。

これがFXの魅力なのですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないので、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してFX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

なれてきてFX初心者を卒業する頃になったら、レバレッジの率を上げていけばより多くの額の取引が可能になります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.