2WAYプライス

「スプレッド」が買値と売値の差額であるということを理解したうえでニュースを見ると、今までとは違った見方ができると思います。

「1ドル92円50銭~55銭」という表記は、実はスプレッドによるものだったりするという事を知らない人が見ると、どうしてこんなに差があるのかと思ってしまうでしょう。

実際は50銭から55銭の間くらい、というわけではなく、ドルを買う場合は1ドル92円55銭、逆にドルを売る場合は92円50銭=1ドル、という意味の表記なのです。

この表記のことをFX用語で「2WAYプライス」と呼びます。

通常、為替市場の表記はこの2WAYプライスで行われており、また、2WAYプライスそれぞれの表記についてもそれぞれの呼び名があります。

左側の「92円50銭」は買値ですが、この買値をFX用語で「ビットレート」、そして右側「92円55銭」は売値なのですが、その売値をFX用語で「アスクレート」と呼びます。

この「ビットレート」と「アスクレート」の差が「スプレッド」と考え、この差が大きいほど取引の際に取られるお金が多いと考えてください。

この「スプレッド」は証券会社によってかなり差があります。

取引を行う際証券会社に対して支払うお金は、手数料+「スプレッド」です。

スプレッドの小さい会社は手数料を取ることが多く、手数料無料をうたっているところはスプレッドが大きめ、というのが一般的です。

この二つ、手数料とスプレッドはしっかり合計してトータルとして考える必要があります。

「手数料無料」をうたってどんどん新規を増やそうという証券会社が多いようですが、手数料だけで判断する事のないよう注意しましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.