IFD注文

FXの注文方法は様々あり、数多くの注文名がFX用語の中に含まれています。

「注文方法が多い」ということはそれだけ戦略の幅が広がる事を意味しています。

この不況の中、常にリスクの軽減を念頭に入れながら注文を出す事は必須であり、そういった注文方法が多いということはそれだけ不況時でも運用しやすいと言えるのかもしれません。


ここではFX用語のひとつである「IFD注文」についてご説明します。

「IFD注文」とは「If Done」注文の略で、「If」とは、ご存知のように「もし~なら」という意味の英単語です。

それが意味する通りこの注文は、まず指値注文を出し、もしその指値注文約定したらその次の注文が発動するという形の注文方法です。

もう少しわかりやすく例を挙げますと、例えば1ドル=92円50銭の相場の際、1,000ドルで92,200円を購入しようと考えているとします。

この場合は、92円20銭に1,000ドル分の買い注文を出します。

普通に指値注文を出していた場合、実際に92円20銭になれば自動的に購入できますがそこまでです。

IFD注文の場合は、「92円20銭になったら1,000ドル分購入し、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売る」という注文が可能なのです。

そうすると実際に92,200円をドルで購入した後、更に為替レートが変動して92円80銭になった時に自動的にそのドルは売られ、92,800円が手元に入るということになります。

これがIFD注文で、「買って売る」という一連の流れを一つの注文でまとめてできるというわけです。

IFD注文は会社勤めなどで日中は注文が出来ないという方にお勧めの方法です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.