IFO注文

IFO注文とは「If Done One Cancels The Order」の略です。

この「IFO注文」は他のFX用語でもある「IFD注文」と「OCO注文」の複合です。

IFD注文は主に買い注文の際に使われ、OCO注文は売り注文で使われるので、複合が可能なのです。

ではこの使い方の簡単な例をご紹介しましょう。

現在の為替市場が1ドル=98円とします。

さらに現在の市場の動向を見る限り、1ドル=97円50銭~98円20銭までの範囲で値動きしている、と分析できたとします。

その場合例えばIFD注文で97円60銭を買い注文、そして98円10銭で売り注文を出せば利益を得る可能性が高いと言えます。

ただし、必ずしも理想の結果になるとは限りません。

その後急激に円高が進んで、1ドル=97円くらいまで一気に下がる可能性もありますので、そうなると大きな損をしてしまいますよね。

だからといって、ロスカットの売り注文を出して収益の機会を失う可能性も否定できません。

そこで「IFO注文」が有効になってきます。

IFDでは一つしか出せない売り注文を2通り出せるのです。

この場合1ドル=97円60銭で買い注文を出してもしこれが成立したら、98円10銭もしくは97円20銭で売る、といった感じの注文になるでしょう。

これで、損切りも利食いも可能になるのです。


このIFO注文は、FX用語の中にある注文の中でも特に使い勝手が難しい部類といわれていますが、その分使いこなせればとても大きな武器となるでしょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.