空売り

「FXが不況に強い」と言われる理由は、「空売り」が大きいかと思われます。

「空売り」とは、実際に持っているわけではない通貨を証券会社に借りて売り、その通貨を後で購入して返す、という一連の流れのことです。

「空売り」という言葉はFX用語以外でも使われますが、FX用語として使われる事が最も多いです。

「空売り」の最大の特徴は、今後値が上がる通貨だけを探す必要がなく、逆に下がる方を探せるという点です。

現時点で割高感のある通過を借りて売り、その通貨の価格が下がったところで購入して返す・・・これで利益が得られます。

通常の売買では、通過の価格が安い時に買って高い時に売る事で利益が出るので、市場が低迷したら当然損失が出てくる可能性が高いのですが、「空売り」というシステムがあることで不況でも利益を狙えるのです。


ただ、一見簡単なように思える「空売り」ですが、実は意外と難しかったりします。

割安感のある通貨を探している時は、ほとんどの通貨が値を下げてしまうような印象があり「空売りなら儲けられるのに」と思ったりします。

しかし逆に空売り目線で割高感の通貨を探す場合、ほとんどの通貨が値を上げてしまうように感じてしまったりします。

それは自分にとって利益の出る動きばかりを追ってしまうからなのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.