戻り・押し目

不況下のFXの動きは、それほど読みづらさはありませんが、微小な単位で見ていくと、そこには細かな上下動があります。

例えば、リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。

これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかりますが、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。

例えばその中のとある1日にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。

ただその上昇は一時的なものであり、またすぐ下降トレンドに戻ります。

このように下降トレンド時の一時的な上昇をFX用語で「戻り」といいます。

また、逆に上昇トレンド中に見られる一時的な下降をFX用語で「押し目」といいます。

「戻り」と「押し目」は、FXで利益を得るためにはとても重要なFX用語です。

どのような通貨ペアでも常に下がりっぱなしということはなく、どこかで転機を迎えます。

ただ、その転機だけを待っていてはなかなか儲けることはできません。

その合間にある「戻り」や「押し目」をうまく利用しなくてはなりません。

同時にトレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのか、を見極める力が必要です。

特に不況時は、このような「戻り」「押し目」の状況が多く見られます。

状況を読んでしっかりとした取引を行いましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.