OCO注文

「OCO」とは「One Cancels the Order」の略です。

「Cansels」はキャンセル、「Order」は注文という意味です。

「OCO」注文とは二つの指値注文を出して、どちらかの条件で約定した場合はもう一方の注文が自動的にキャンセルされるという注文方法です。

一見、使い方がわかりにくい注文かもしれませんが、有効なOCO注文例をご紹介します。


例えば、1ドル=92円50銭の為替相場だったとして、現在10万ドル持っているとします。

この10万ドルは先日92円80銭で購入したものです。

つまり現時点では30銭×10万=3万円の含み損という事になります。

さすがに5万円以上は損したくない、と考えればロスカットラインは92円30銭です。

ここに売り注文を出しておけば最低その額での取引が可能になります。

しかしそこだけに売り注文を出している場合、もし仮に一度93円まで上がりその後また下がって92円30銭に落ちた場合、せっかく利益確定ができるチャンスだったのに会社に行っている時間帯などの場合は対応できず、5万円の損となってしまいます。

そこで、OCO注文の出番です。

ロスカットラインの92円30銭で売るという注文と、93円で売るという注文を同時に出す事ができ、どちらかが約定したらもう一つの注文は消えます。
これでもし一度93円に上がってその後下がったとしても、93円で約定されます。

このように損切りと利食いの両方を同時にできるので、常に市場を監視できない人にはとても便利な注文です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.