利食い

FXにおいて最も重要なのは「損切り」です。

FX用語では「ロスカット」という言葉で使われる事が多いですが、そのロスカットができなければ必ずどこかで大きな損害を被るでしょう。

それくらいロスカットは重要なのです。

そして、そのロスカットと反対の意味を持つ「利食い」というFX用語も同時に覚えておいたほうが良いほどこの「利食い」も非常に重要な用語です。
「利食い」とは、現在確立しているポジションで利益が出ている場合、それを早めに売って利益を確定させることです。

俗っぽい言い方だと「勝ち逃げ」ということでしょうか。

FXの場合、勝ち逃げをして非難されることはなく、当然のことです。

悪い事をしているわけではなく、むしろFXにおいて勝ち逃げであるこの「利食い」」は非常に重要な手法です。

もちろん先のことはわからないので、現在利益が出ている通貨が今後さらに伸びてくる可能性は十分あります。

どこまでが天井かなどは、神様でなければわかりませんし、利食いを行った事で、「待っていればもっと大きな収益が得られた」ということもあるでしょう。

しかし、このような機会損失はやむなしとすべきです。

逆に下がった場合、人間の心理的に「また持ち直すさ」という強い願望が働きます。

これは、普通に上がるのを待つ場合より、1度おいしい思いをしているだけにその願望は非常に強くなり、結果的にロスカットすらできなくなってしまいます。

一番余裕があるときに決断するのがベストなのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.