先物取引

「先物取引」とは、通常の取引とは違い、現在の取引ではなく将来的な売買について約束をするという取引です。

通常の取引はその場で価格と数量を決めて、その注文と適合した売り注文がある場合に成立、という形になりますが、「先物取引」の場合は、まず先に価格、数量などを決め、それをいつ売買するか決定し、約束をします。

そしてその日が来た時点で売買を行う、というものです。

この「先物取引」の特徴は、現時点での売買価格で将来購入ができるという点です。

例えばアメリカドル円の取引で、現時点では1ドル90円という場合、1000ドル出して9万円購入するとします。

そして、これを1週間後の決済日に売買を行うよう先物取引で注文したとします。

そこで注文が成立すれば、一方は1週間後に1000ドルで9万円を購入し、もう一方は9万円を1000ドルで売却することになります。

ここで、もし価格に変動がなければ、先物取引の意味はありませんが、為替市場は常に動いています。

1週間後、為替レートは1ドル95円になっていたとすると、1000ドルで9万円を購入した人は現在ならば1000ドルで9万5千円が購入できるので、5千円損したことになります。

一方、売却側は9万円で1000ドルを手に入れたわけですが、現時点のレートだと本来なら9万円で手に入れられるのは947ドルです。

53ドルほど得をしたことになります。

これが先物取引の特徴なのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.