スプレッド

「スプレッド」というFX用語は比較的良く使われるものですが、このスプレッドがわからないがためFXに対して二の足を踏む、という人も少なくないようです。

2008年、非常に大きな不況の波が金融市場を襲っていますが、一つのFX用語がわからないが為に選択肢を狭めているとなると、この不況の中で生き抜くのは難しくなると言えます。

しっかり意味を把握すればそう難しいものではないので、是非検討してみてください。


「スプレッド」というのは、国内株取引などにはない概念で、海外における市場だからこそ発生するものです。

「スプレッド」とは、簡単に言えば「買値と売値の差額」のことです。

例えばよくニュースなどで「1ドル=92円50銭~55銭」といった表示を見ることがあるかと思いますが、「何か妙にアバウトだなあ」と思ったりはしませんでしたか?

これは別に「大体これくらい」という意味の表記ではなかったりします。

この場合、もし1ドルを円に変えるとしたら、92円50銭が必要だけど、円を1ドルに変えるには92円55銭が必要、という意味の表記なのです。

このように各通貨間で、別の通貨に変える際に僅かに金額に差が出てしまうこれが「スプレッド」です。

この「スプレッド」というのは証券会社によって異なります。

そして、この差額を手数料として受け取るシステムとなっています。

つまり、「スプレッド」とは、簡単にいうと「手数料」のようなものなのです。

FXにおいては、よく「手数料無料」というところが最近増えていますが、これは全て無料というわけではなく、スプレッドがあるから通常手数料が無料でもOK、というものだったりします。

したがってFXを行う際に各証券会社の条件を見るときは、手数料だけで決めるのではなく、スプレッドがどれだけ小さいかもしっかり見ておきましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.