スワップ

FXでお金を稼ぐ方法は二つあるといわれています。

一つは、為替の差額によって得られる収益です。

今後通貨価値が上がると思われる通貨を購入して、価値が上がった時に売るという、金融取引の基本ともいえる収益です。

そしてもう一つは、FX用語で「スワップ」と呼ばれる金利差です。

「スワップ」とは、ペアとなる通貨の金利差によって発生するものです。

ですが、必ずしも収益になるとは限りません。

それぞれの国にはそれぞれの通過がありますが、同時にその国によって金利も異なります。

例えば、現在日本はとても金利の低い国で、アメリカなどと比較すると、かなり低いと言えます。

そんな金利の低い国の通貨で金利の高い通貨を購入した場合、「金利差」というものが生じ、その金利分を毎日受け取る事ができます。

例えば、円でアメリカドルを購入した場合は、この「スワップ」が発生して収益となります。

逆に、金利の高い国の通貨で金利の低い通貨を購入した場合は、逆に「スワップ」が引かれます。

「スワップ」とは、各通貨間の均衡をはかるるための制度です。

「スワップ」は、不況下において確実に利益を出しやすいと言えるのは、金利は余程のことがなければ下がらないからなのです。

安定した利益を確保できる分、不況に有利と言えます。

ただ、当然為替の差額の変動によっても収益は変化するので、スワップのみの収益だけではなかなか利益となるとは限らないのが現状です。

FX用語の「スワップ」は、「スワップ金利」とも言い、意味は一緒です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.