売りから入る

2008年下半期、リーマンショックにより各国の為替が大きく値を下げましたが、この状況は必ずしもすべての投資家にとってマイナス、というわけではなく、むしろ、この状況を利用して大きな利益を得た人もいるはずです。

それはなぜかと言うと、FXには値が下がれば下がるほど得をする方法があるからです。

それは「売りから入る」という方法です。

FX用語にも「売りから入る」という表現があるくらいFXにおいてメジャーな注文方法です。

「売りから入る」というのは、通常考えられている注文とは逆の注文です。

普通は為替市場において、割安な為替を円などで購入し、その為替が値上がりしたら売る、という注文方法がメジャーですが、一方FXでは、先に「持っていない通貨」を売ることができます。

要は証券会社から借りるのです。

そのため、現在の価格が割高という為替をまず借り、それを売り、安くなったら買い戻して証券会社に返す、という方法が「売りから入る」と呼ばれる注文なのです。

また、「売りポジションを先に確保する」という表現も使います。

この「売りポジション」というのもFX用語です。


今後下がるだろうという予測を立ててその通貨を売り、そして高確率で下がるのを待つ・・・これなら不況下においても利益を出せるのではないでしょうか。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 FX初心者におすすめ!FX口座開設のポイント. All Rights Reserved.